スポンサーリンク
Booking.com

[life]バツイチだと思ってた彼が、実は既婚者で今後どうなる??

Life

ああ、9月10月が怒濤のように過ぎ去って行きました。

9月末にはパリファッションウィーク(通称パリコレ)があったのもあるけど、それ以上にプライベートでの大事件があり、正直9月半ばの記憶があやふや…。いわば、青天の霹靂、寝耳に水、薮から棒、えっと他に何かあったっけ…。突然すぎてびっくりしたってことだけ伝わればいいかな…。

端的に言うと、バツイチと聞いていた彼が、実は離婚が成立しておらず、別居もしておらず、実際には婚姻関係が継続していたことがわかったんです。その瞬間わたしは別れることを決意したのですが、その後も奥さんからFB経由でメールが来たりと、もう意味わかんないことばかり…。

そもそも、同居もせず、結婚もしないシングルマザーを選択したのはわたしだけれども、精神的には頼っていた部分もあり。そもそもこういう境遇であれば、精神的な拠り所にもせず、完全に独立して育てていたものの、中途半端な心持ちだったので、今回痛みもありました。最初からわかってれば、精子バンクとしか思ってなかったってな。

彼的には、奥さんと過ごすことは年にトータルでも3ヶ月以下で、結婚生活は数年前からとうに破綻してるとは言うものの、実際婚姻関係継続してたら、そんなんは彼の言い分であって、どうしようもないし、そもそも信じられないし…。というわけで、心を鬼にして、養育費の請求を行っていく方向に舵を切りました。

 

フランスは共同親権なので、彼に認知をしてもらった以上、会わせないといけません。養育費をもらうためにも、会わせないといけないし、彼は彼で会う時間数によって払う額も違ってくると言います。なにこの修羅場…。つい1ヶ月前まではラブラブ家族だったのに…。

とりあえず、話し合いをして、2月から数ヶ月分の養育費をもらうことができました。その後も話し合いを続けているのですが、彼としては一番大切なのは娘なので、娘との生活を最優先したいとのこと。そして2人の女性との生活を続けられるとは思ってないし、そもそも奥さんとは終わった気でいたから、そちらを清算すると。おっと、予想外の返事ktkr…娘を大事に思ってくれるのは嬉しいけど、離婚する気になったとは。もちろん、きれいな状態にはしてほしいのですが。なんとまぁ事実は小説より奇なりですね、本当に。

 

つらつら書きましたが、話し合いをし、会ってはいるものの、許した訳ではありません。そもそも騙してた訳だし、信用はもう一切ないと言っても過言ではなく。

わたしも1年以上に渡り、彼の家に何回も行っていて気付かなかったくらいだから、本当に婚姻関係は破綻していたのかもしれません。しかし、だからと言って、先方と別れるのね、はいよかった!では済みません。ちゃんと本当に別れるなら別れるできれいな関係にしてもらわないと、不倫を甘んじて受け入れるような状況は自分としても受け入れがたいのです。あとは彼の行動しかないので、わたしは普段通り過ごします。

元々シンママって扱いだし、そもそも一緒に住んでないから大きな変化はないんですけどね、やはり騙されてたって事実はメンタルやられます。

スポンサーリンク
Booking.com
Life
スポンサーリンク
admin-hirokoをフォローする
田淵寛子のパリ珍道中

コメント

  1. […] [life]バツイチだと思ってた彼が、実は既婚者で今後どうなる?? 2018.… [media]世界ナゼそこに?日本人に出ました 2018.11.30 [hotel] Hotel Marriage Frères 建設中 2019.05.092019.05.10 […]